So-net無料ブログ作成

中国語の習得の手順☆ [語学]

今回は、中国語の。
とりあえず、話せ、聞けて、読めて、書けるようにするための一歩。

あの英語の夏目漱石も、漢詩をたしなんだみたいだし。
英語をすでにマスターしてる(第1外国語として)、私たち日本人には、
かなりハードル、低いのかも。


まずは、背景、文化、慣れのため
「ゼロかた簡単中国語」というブログ
http://www.voiceblog.jp/zerokan-china/
中国語ざっと聞ける。
中国の事情とか、餃子の食べ方(日本では、にんにく入り餃子が普通、中国では、にんにくなしの餃子を、生にんにくをかじりながら食べるらしい)とか。
(中国旅行で、あるご家庭で、水餃子を作ったことあるけど、気づかなかった。)

次は、
なんだもいいから、中国語の本を、図書館ででも借りてくる。

それから、中国語検定の準4級と、4級の試験問題をチェック。
http://www.chuken.gr.jp/tcp/grade.html

準4級は、
中国語学習の準備
学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていること。
(学習時間60~120時間。一般大学の第二外国語における第一年度前期修了,高等学校における第一年度通年履修,中国語専門学校・講習会などにおいて半年以上の学習程度。)

基礎単語約500語(簡体字を正しく書けること),ピンイン(表音ローマ字)の読み方と綴り方,単文の基本文型,簡単な日常挨拶語約50~80。

4級は、
中国語の基礎をマスター
平易な中国語を聞き,話すことができること。
(学習時間120~200時間。一般大学の第二外国語における第一年度履修程度。)

単語の意味,漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ,常用語500~1,000による中国語単文の日本語訳と日本語の中国語訳。

これ、試しにしてみましたが、本(参考書みたいな)があれば、筆記の方は、なんの勉強してなくても、できる。本とか、辞書あれば。でも、本番は、聞き取りがあるから、簡単な発音は、頭に入く必要あり。


ここまでを、ざっと、やる気のある時期にしてしまう。
語学は、モチベーションが大事だから。

で、あとは、単語を増やしていく。勿論、単語だけなんて、面白くないので、
文章を、読む。

たとえば、https://www.facebook.com/att.JAPAN
のような、英語、日本語、中国語で、書かれたものをみる、とか。
読むんでなく、みる。
中国語は、漢字だから、かなり、日本人には有利。
記号だから。
英語は、長文の中で、単語がまとまりで、見えてくるには、時間要するのと逆。


で、日中通信社は、中国の方が関わってるから、中国語は、完璧だろから、ここから、
ねたを取集する。日中対訳あり。
http://long-net.com/

あとは、楽しんで、つづけるだけ。
つまり、相性だな、つづけるには、好きがいるね。
面白いとか。


では、勝手ながら、手順書きました。
ありがとうございます。






韓国のハングル語のお勉強☆ [語学]

いいサイトあった。

韓国のドラマは、やっぱり面白いけど、
字幕ばっかり追っかけてる。
ちょっとは、勉強しようかと、
図書館で本借りて、読んでみて、
ネット検索して、http://www.cis.fukuoka-u.ac.jp/~kumaki/ccc/step1/index.html

このサイト、ハングル入門、会話、読解もある。
音声も、ハングル語にくっついてる。

福岡にある大学の先生と、研究生が作ったのかと思われるけど、
本一冊とCD付の価値ある。